久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

75年生まれ、氷河期世代の活動日記

ちょっと待って!!貯金を始めて続けられる準備できてますか?

2020年05月13日

生活維持の不安を感じて貯金を始めることは素晴らしいことです。

どのくらい貯金をすればいいのか?

線引きが難しいですよね。

貯金を決意したもののゴールがわからないと戦略が立てられないし、達成感もないですからね。

100万あれば安心できそうです。でも、100万じゃ安心できないって声もありそうですよね。

生活防衛貯金は、年齢によっても、その人の考え方、行動力に変わってきそうです。

20代、30代ならすぐに次の仕事が見つかると考えられます。

40才前後だと時間はかかりそうですが、何とか次の仕事が見つかりそうです。

と年代によっても変わることがわかります。

20~30代だと3ヶ月で仕事が決められそうだ、と感じたら余裕を持って4ヶ月分の貯金を目安にした方がいいですね。若いと勢いがあっていいのですが、ちょっとだけ自分を過大評価しがちです。ちょっとだけ、多く貯金のゴールを設定した方がいいですね。

40才前後だと、半年から1年ぐらいの貯金があった方がいいですね。
家族がいる場合もあるし、子どもに学費が掛かっている場合もあります。パートナーと相談して決めるのがいいでしょう。生活の固定費、家賃とか光熱費、学費、保険料、通信料だけの分を貯金して、食費とかはパートナーの収入でやっていくという考え方もあります。

50代の生活防衛貯金は、いろんな意味で自分で考えて決められないとヤバイですね。変化の激しい時代でお金について自分で考えられない 50代はお金について知識を入れるところから始めましょう。

行動力でも変わってきそうです。
何かあったらバイトでもいいから、すぐに働こう!と動く人は、それなりの収入を得ることができます。
会社員を探す人は、時間はかかりそうです。
副業で少しでも収入がある人は、不安感も小さくて貯金の額も少なくなります。

いろんな要素があって、生活防衛貯金は人によって金額は変わってきます。

100万円ってテレビで言っていたから。評論家の人が半年分あれば足りるって言ったから。とかではなくて、自分で考えて決めるのが一番安心できる防衛貯金です。

毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:303日継続中)
2020年05月13日(朝)
腕立て伏せ:15回 頭上げ腹筋:15回 背筋:15回 スクワット:15

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

久山 薫でした

氷河期世代のバイブルです
書籍版      キンドル
 

「ない仕事」を「ないブログ」に置き換えて読むとおもしろいです
書籍版      キンドル
 

【目の前にある危機から目をそらさない】
 書籍版     キンドル

【ブログを始めるなら"はてな"で】
 書籍版     キンドル

車移動が多い人にオススメ

毎週DVDを借りている人、お金も手間も一定です