久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

本に関すること

炎上されるぐらい、本音で語る覚悟を決めた その3

ブログ論の情報消化不良でスランプに入っています。記事を書き始めるのに時間がかかります。日記型ブログの難点です。 昨日の記事「炎上されるぐらい、本音で語る覚悟を決めた その2 - 久山 薫/出版社の営業社員の日記」でせっかく楽しい記事、ワクワクする…

炎上されるぐらい、本音で語る覚悟を決めた その2

本の中に「今何ができるか?」ということだけに集中した結果、このような復活を遂げたのである。このフレーズがじわりじわり自分の中にしみ込んできている。 今に集中する。できることに集中する。最近、できていなかった。PVの結果で一喜一憂したり、他の人…

理想の出版社を考えてみました

パッケージ、流通、お金まわり、すべてのことをゼロベースで考えて「新時代の理想の出版社ってなんだろう?」というのをみんなで考えたいです。 https://t.co/5lQ5UFsV1a — 竹村俊助/編集者 (@tshun423) May 17, 2019 noteで文章教室を公開している竹村さん…

炎上されるぐらい、本音で語る覚悟を決めた

表紙の "炎上されるものになれ!" このインパクトの強さで手に取りました。炎上を狙ってやるのは、問題があります。けれども、本音を公開して炎上するのは仕方がないことです。また、炎上を恐れて本音を公開しない、UPしないのはもったいないこと。わかって…

変われない出版社なんていらない

news.infoseek.co.jp 業界不振の話です。今回は長い記事になります。 1996年をピークに下がり続ける出版業界。その最前線で頑張っている書店が激減しています。ピーク時には2万店あったものが、今では1万店です。 普段仕事をしていても書店の減数は感じてい…

妄想 自分が出版社の社長だったら

shonenmagazine.com ジャンプとマガジンが一緒になったプロジェクト。「ジャンマガ学園」22歳以下なら無料でコンテンツを楽しめる。2か月間の読者獲得大作戦!!です。ここに、サンデー、小学館が参加していないのが気になります。勝手な推測ですが、小学館…

私が好きな本屋さんが近くに欲しい

最寄駅に200坪ぐらいの書店さんがあったのですが、残念ながら経営がきついのがお店は続いているものの品揃えがかなり悪くなってしまい、つまらない書店さんになってしまいました。元々いい品揃えだったとは言えなかったけれど、広さがあったので種類は揃って…

読み終わった本 どうするか

本は読んでみないと自分に合うか、自分は知りたかったことか、わからないので 買う時にちょっとだけ躊躇しちゃいます。 私は気に入った本は取っておいて再読しています。ただ、自分に合わなかった本 は棚に入れずに段ボール箱へ入れてまとめて捨てていました…

器用貧乏が生きる道

自他共に器用貧乏と認める私です。何にでも興味を持ち、手当たり次第に手を出して自己満足すれば、違う何かを始める。小学生の時に野球をやれば、中学ではバレーボールをやり、高校では楽器のキーボードをかじり、卒業したら絵のカルチャースクールへ行く。…

1億円、稼ぎたい! その5

「年収1億円になる人の習慣」で、年収1億円以上の人の習慣、考え方、ものごと の捉え方をしりました。普段会えない方々の話を知れるのは、新鮮です。参考になるもの、ならないもの 、納得できたもの、できないものいろいろあり刺激を受けます。 しかし、この…

1億円、稼ぎたい! その4

退路を断つ。「年収1億円になる人の習慣」からの言葉。 人は簡単には本気になれない。追い込まれないと真剣に取り組まない。あまりい い例ではないですが締切間際になると驚異的な集中力で一気に仕事を終わらせる 。仕事を終わらせなければ、という追い込ま…

1億円、稼ぎたい! その3

高収入の人は、たばこを吸わない。この話が「年収 1億円になる人の習慣」に出 てきました。私は喫煙者です。でも、高収入の人は煙草を吸っていない、この話 はやっぱり出てきたか、と納得しています。とはいえ、高収入者=たばこを吸わない と たばこを吸わ…

1億円、稼ぎたい! その2

「疑うな、信じるな・・・」この前ふりの後に続く言葉、確かめろ。このこと場 は、響いた。ついつい、そんなの無理とか、そんなこと意味ないとか否定してし まったり、行動していないのに勝手に結論付けてなにもしない自分を反省した。 信じすぎるとだまされ…

1億円、稼ぎたい!

「年収1億円稼ぐ人の習慣」を読んでいて、休みなしで働く。という部分に興味が出た 。休みなしで働く。今の自分にとっては拷問のようだ。ありえない話。けれども、この話を自分には関係ない、と切り捨てないで分解して考えてみます 。 休みなしで働く、まず…

出版業界の昔からの悪習慣

www.businessinsider.jp 出版流通の問題は昔から言われていました。私は10年ぐらい書店で働いてから2年ぐらい印刷会社で働いて、今は出版社の営業をしています。隆祥館書店・二村さんの話はよくわかります。私がいた書店は広さ30坪の町の本屋さんでした。そ…

頼もしい書店員さん

ベストセラーを置くのは、どこの本屋も同じ。その他の棚・平台でいかに特色を出せるかだとずっと思いながら書店員してますが売上悪いときは実績出てないと上から言われます、でも合間をぬって推したい本を置いている私。自問自答の日々です。なので結果を出…

本屋さん、書店の変化

出版不況が続いて10年。小売店の変化が激しくなってきた。本屋さんでは、読者同士をつなぐいだり、読者と著者をつなぐイベントを行なったり、本に対する密度を濃くしています。出版社で働いている私には、ありがたい変化です。大型店舗が多い書店さんでは、…

勝手に妄想 楽天ブックス

出版取次会社の大阪屋に出資している、楽天さん。そんな楽天ブックスにこういうことやってもらえたら、もっと利用したくなることを妄想に近い形で考えました。 大阪屋の倉庫を使って、既刊本の買いやすくしてほしいスペースに限界のある書店だと取り寄せにな…

新しい書店

www.cinra.net 東京の繁華街、六本木に新しい書店がオープンしました。出版不景気の中、新しいお店ができることはうれしいニュースです。 リブロプラスという会社が運営しています。関東の人なら聞きなれた名前。池袋にあったリブロです。書店は新しい試みを…

自分がいる業界

出版不景気が言われてから10年以上。業界内で働いているとまだまだ続きそうだ。雑誌がダメになり、コミックがダメになった。次は、文庫がダメになりそうだ。営業で本屋さん、書店さんへ行くと文庫本の棚がガラガラ。文庫本までダメになったら、さらに書店の…

今を生き抜く知恵が身につく本

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.…