久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

勝手に妄想 楽天ブックス

出版取次会社の大阪屋に出資している、楽天さん。そんな楽天ブックスにこういうことやってもらえたら、もっと利用したくなることを妄想に近い形で考えました。

大阪屋の倉庫を使って、既刊本の買いやすくしてほしい
スペースに限界のある書店だと取り寄せになってしまうものでもネット書店なら探しやすいのに、取扱不可・在庫切れが多いので、既刊本を買いやすくしてほしい。

書店専用窓口を作って書店を下支えしてほしい
出版の流通は今の時代になっても時間がかかりすぎます。1週間かかります。1週間待たされて、しかもまた書店へ取りに行く、2度手間かかります。それを、書店が窓口になって代わりに楽天ブックス注文を出します。住所を伝えたくない人は、入荷時期が分かるので改めて書店へくればいいし、家に届けてほしい人はその場で会計すれば便利です。法人用のアカウントは10%引き。書店から年会費を取ればいい。書店はお客に便利に使ってもらえるようになるし、発注業務も出版社に電話をするよりも楽になる。