久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

器用貧乏が生きる道

自他共に器用貧乏と認める私です。
何にでも興味を持ち、手当たり次第に手を出して自己満足すれば、違う何かを始める。
小学生の時に野球をやれば、中学ではバレーボールをやり、高校では楽器のキーボードをかじり、卒業したら絵のカルチャースクールへ行く。
それでも、英会話、テニス、プログラム、ストーリー制作など、やりたいことは湧いてくる。

周りからは、中途半端にやっても意味がない。なんの仕事に就くの?と言われていた。

自分でも、この分野では自分より詳しい人はいっぱいいるしミーハーじゃないけれど、マニア以下。そういう風に思っている。ずっと、モヤモヤした気分でいた。

器用貧乏。

この言葉がずっと自分の中にあった。

「マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法」PHP研究所 エミリー・ワプニック/著 長澤あかね/訳

この本のタイトルを見た時に、モヤモヤを解決してくれるかもしれない。副題の「好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法」に希望の光を感じた。

この本に自分のこれからの生きる道を見つけた。

たぶん、私のような悩みを持つ方は多いと思います。職人、プロ、プロ意識という言葉には憧れを感じます。ただ、マルチな能力を持つ人も同じぐらいいてもいいはずです。どちらにも価値があるはずです。

「マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法」

これから、読み進めます。器用貧乏で悩んでいる方、一緒に生きる道を作っていきましょう。

 

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法 [ エミリー・ワプニック ]

価格:1,728円
(2019/4/3 00:21時点)
感想(0件)

マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法【電子書籍】[ エミリー・ワプニック ]

価格:1,400円
(2019/4/3 00:22時点)
感想(1件)