久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

生命保険はほとんどの人が契約する必要・・・ないです!!

2020年04月08日

保険って細かい文字で書かれた契約書を読んでいる人っていないですよね。久山も読んでませんでした。

保険営業員のおばちゃんの言いなりで契約していました。20代の頃です。

今は違います。久山は民間企業の保険にはほとんど入っていません。火災・地震保険だけです。医療保険も生命保険も入っていません。
住宅ローン返済者が入れる、団信(団体信用保険)には入っています。
久山が死んだ場合、住宅ローンがゼロになるシステムです。
死んだ場合なので、長期入院で働けなくなる、収入が無くなった時には対応してくれません。
それでも、久山が死んだ場合、残る奥さんが住宅ローンを払い続けることが無くなるので、最悪、住む場所が確保できる保険です。
固定資産税、管理費、修繕積立金、生活費だけ稼げれば、奥さんは生活できることになるので、入りました。
ちなみに、年間で8万円(月々6,700円)ぐらい払ってます。ローン残高によって掛け金は減っていきます。
納得できる、便利な保険です。
参考webページ: 団体信用生命保険(団信)とは | ARUHI 住宅ローン | アルヒ株式会社

保険は、掛け金(月々の支払)を続けている限り、何かが起きた時に振り込みがされるシステムです。
生命保険は、契約者(あなた)が死んだときに振り込みがされる保険です。

勘のいい人は気付きましたね。生命保険って、支払っている人は振り込みを受け取れないのです。
独身の人は、生命保険を契約する必要はありません。
結婚している人も子供がいなければ契約する必要はない、と久山は考えています。
夫婦二人だけで共働きの方は、生命保険よりもお互いの万が一のための貯金(お葬式代)を作った方がいいです。
例えば、久山が死んだ場合、久山の口座から奥さんが現金を引き出すのには書類がいろいろと必要です。かなりの時間と手間が掛かります。なので、奥さんには現金を「オレの葬式代」と言って渡して積み立ててもらっています。

生命保険は、子供がいる働き手の方が契約する必要があります。子供は自分で稼げませんからね。
子供がいて共働きの場合も、少ない掛け金(月々の支払)で契約した方がいいです。
二人で稼いでも、どちらかに万が一が起きると収入は半減してしまいます。
二人で話し合って契約するのがいいですね。

契約期間は子供が20歳になるまででいいかな?と考えられます。ここに関しては久山は子供ができなかったので、よく調べていません。
ただ、久山が子育てをするなら
「中学生になったら自分で稼ぐ方法をパソコンとインターネットを教えるときに一緒に教えよう」
と考えていました。

とは言え、上手く稼げる、全く稼げない、などの問題があるので、20歳ぐらいまでの期間で生命保険も入ろうと考えていました。

以上

生命保険は、子供がいない人は必要ないよ!って話でした。

毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:268日継続中)
2020年04月08日(朝)
腕立て伏せ 15回 足上げ腹筋 15回 頭上げ腹筋 15回 背筋 15回

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

久山 薫でした

氷河期世代のバイブルです
書籍版      キンドル
 

「ない仕事」を「ないブログ」に置き換えて読むとおもしろいです
書籍版      キンドル
 

【目の前にある危機から目をそらさない】
 書籍版     キンドル

【ブログを始めるなら"はてな"で】
 書籍版     キンドル

車移動が多い人にオススメ

毎週DVDを借りている人、お金も手間も一定です