久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

40代は、人生の残り時間を考え始める最年少

2020年07月23日

TOKIOの長瀬さん、自分の道を歩んでいくことを決めましたね。あの1件以来、音楽活動をやってこなかったので彼の決断はなんとなく予想できました。

裏方に回る。とのことでしたが、きっとステージの上で歌う彼の姿は見れると信じています。

長瀬さんも41歳。自分と年が近いことにちょっとびっくりしました。

人生、40歳って何かしらを考える年齢なんですね。

アラフォーと言われ始める、37歳ぐらいで「自分は若くない」と自覚し始めるんですよね。
体力的な部分とか、
徹夜ができないとか、
20代を見て若いなぁ~って、まぶしく感じたりしちゃうところとか。

で、先のことをちょっと考えます。
できることとできないことを。
私で言えば、アイドルやスポーツ選手や俳優を目指しても叶う可能性は、ゼロです。
けれども、ブログやYoutubeなどのネットの力で少ない人数なら楽しんでもらえるコンテンツは提供できるかもしれない。楽しんでもらえるかもしれない。
エンターテイメントには憧れがあるけれど、親戚の面白いオジサンぐらいならなれる。

そんな考えがありました。できることなら、若い時にずたずたに心を痛めた氷河期世代の勇気づけをしたい。という考えもあったりします。

で、できることを見つけると残り時間と自分の体力やライフステージとのバランスを考え始めます。

40歳って大病とかの例外を除くと自然に自分の人生の残り時間を意識し始める最年少かもしれませんね。
80歳まで生きるとしてあと半分か。現役で働くには20年か。なんて、30代の時には考えてませんでしたからね。

お金のことを真剣に勉強したのも、去年だったし、収入と時間とのバランスを考えたのも2年ぐらい前でした。

20年働いて現実を体験して、その先の20年をイメージする。

アラフォー、40歳ぐらいでいろいろ考えて、今行動しないともう動けなくなる。

そんなことを考えて行動するのがアラフォーで40代の決断につながりますね。

おもしろい親戚のオジサンになれているのかな?と長瀬さんのニュースをきっかけに振り返っっています。

毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:381日継続中)
2020年07月23日(朝)
腕立て伏せ:20回 頭上げ腹筋:20回 背筋:20回 スクワット:25回

英語学習 毎日 英単語を1個 確認するチャレンジ中(2020年06月24日スタート:28日継続中)
2020年07月22日(夜)
中学英単語:10個
英単語学習アプリmikanを使用

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

久山 薫でした