久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

会社を辞めるための準備 ~まずは、お給料感覚をなくす~

2020年09月05日

会社を辞める日を2022年03月に設定してからの、最初の週末です。

ん~~~、この週末の休みの開放感もなくなるのかな?
会社勤めが無くなると、いろんなものが変化しそうです。

変化する中で一番大きいのは、収入の感覚だと考えています。

会社にいれば、それなりにお給料が発生します。作業量、仕事量に対して多い、少ない問題はあるけれど、仕事が上手くいかなかった、失敗した、でも給料は発生します。
会社を辞めると失敗すれば、それなりの額に落ちます。成功すれば、それなりに上がります。自分が動かなければ、ゼロです。
頭では分かっています。「お給料」と「稼ぐ」の感覚の違い。ただ、今よりももっと厳しく自分に言い聞かせないと、すぐにやっていけなくなりそうな気がします。

自分がやりたいこと×できることで稼ぐ。

でも、お金のために動きたくない。

ならばどうする?

自分がやりたいこと×できることをどうやってお金に換えるか?

ブログで言うなら、アフィリ案件が先にあって、記事を書く。のではなくて、
記事を書く、それに合うアフィリを付ける。みたいなことです。

この二段構えの考え方でありたいと考えています。

例えて言うなら、
転職で貯金や雇用保険がある内は、自分が行きたい業界の企業だったり、やりたい職種の案件に応募します。
けれど、雇用保険が終わり、貯金が減っていき、自分が想定していた期間より転職活動が長くなると焦りが出てきて「雇ってもらえるならどこでもいい」とお金のために企業選びが始まります。この感覚「お金のため」が先行しないようなりたいです。

この転職だと何回転職しても、会社との相性の問題が発生してました。なので、数年働くと辞めたくなります。
そして、年齢制限や景気に左右されます。んで、グダグダ気分で働くことになる。

なんとなくなんですが、私の場合「お金のため」のためが先になってしまうと、一気にモチベーションが下がってしまう気がします。会社勤めでも、自分で稼ぐにしても。
「ありがとう」「おもしろい」「楽しかった」などのために動いて、その先で、きちんとお金をいただく。もしくは、お金に変わる仕組みを作る。この感覚で動きたいから、会社、企業との相性が合わないのでは?と気付き始めました。

ちなみに、利益優先が悪いこと、とは考えていません。私とは相性が合わない。と考えているだけです。
利益優先にも、社会の現金を動かす量が増える効果があります。
相性の問題です。

この理想を貫くためには、やっぱりお金の力が必要だと考えています。なので、18ヶ月という時間を設けました。
あとは、コロナが落ち着くのも18ヶ月ぐらいかかるかな!?というのもあります。コロナでバタバタしている時期に辞めるのも、人としてちょっと・・・的な考えです。

会社勤めを辞める、お給料から自分で稼ぐんだ!と感覚を変える。今ある安心感は、会社からのお給料で成り立っています。
この安心感を自分の行動と結果で作り出す。

お給料の仕組みのありがたみを実感しつつ、お給料を頭から排除。時間はかかりそうですね。18ヶ月で意識改革をしていきます。

毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:425日継続中)
2020年09月05日(朝)
腕立て伏せ:21回 頭上げ腹筋:21回 背筋:21回 スクワット:35回

英語学習 毎日 英単語を1個 確認するチャレンジ中(2020年06月24日スタート:69日継続中)
2020年09月04日(夜)
中学英単語:10個 復習モード:20個
英単語学習アプリmikanを使用

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。