久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

飽きっぽい人が続ける方法【うつからの回復活動 185日目】

2022年01月14日

ひとつのことを続けるのって、かっこいいですよね。「極める」って、凄みもあります。
とは言え、私は飽きっぽい性格をしています。
けれども、ブログ、運動、英単語の 3つも続けていられています。
まぁ、3つも続けているから、どれも中途半端な形になっているのかもしれません。
多重に始めるとひとつも極められない? って不安になったりします。

飽きっぽい人は、脳はそういうふうにできている、と考えてください。
脳って同じ刺激が続くと慣れてしまうそうです。刺激になれて反応が鈍くなる。すると飽きてしまう。そんな流れです。
なので、慣れが早い。というだけです。慣れて、飽きてきたら、違うことをして OK です。脳科学的に。
で、違うことに慣れたら、また新鮮な刺激で元に戻れる。すると続けられます。

A を始める。→ 慣れてくる。→ 飽きてくる。→ B を始める。→ 慣れてくる。→ 飽きてくる。→ A に戻る。→慣れてくる。・・・・

という流れにすると飽きることなく、続けられます。

私も、ブログのことを考える時期がありました。ブログに少し行き詰ったら、運動の効率を上げることを考えていました。運動について考えることが落ち着いたら、英単語の復習をするようになっています。英語に飽きたら、ブログに戻って・・・。
こんな流れでやってきていました。

ひとつだけに専念できる人は、ひとつを極めたほうがいいですね。その深さは武器になりますからね。

こういう人に比べると、飽きっぽい人はマスターするのに時間がかかりますが、マルチになれる道があります。
なので、他に興味が移ったからと言って、始めたことをあきらめる必要はありません。他のことをやって、また、戻ってくればいいだけです。

飽きっぽいって悪いイメージがありますが、多趣味・マルチになれるセンスがある。自分なりの続け方を見つければ、いいだけの話です。

一旦、違うことをやってみよう。こっちもやってみたいから試してみよう。と軽い気持ちでいろいろ挑戦してください。
挑戦した分だけ、豊かな時間を過ごせるようになりますからね。

学者の人って、専門分野の研究のほかに登山を趣味にしている人が多いそうです。2~3ツぐらいなら、極められるってことですね。

スポンサー

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆
毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:921日継続中)
2022年01月14日(朝)軽いメニュー
股関節のストレッチ:20回 背筋:20回 腹筋:10回 ヒザを立てて腰浮かせ:20回 猫のポーズ:10回 腕立て伏せ:10回 立った状態でヒザとヒジをクロスしてくっつける運動:20回 スクワット:10回
HIITスタイルに挑戦中!!(40秒トレーニング:10秒休憩8メニューで1セット)
HIIT後のクールダウン 正しい姿勢の前屈:40秒
※しばらくの間は、軽いメニューを続けてます。

英語学習 毎日 英単語を10個 確認するチャレンジ中(2020年06月25日スタート:520日継続中)
2022年01月14日(朝)
中学英単語 Z会 速読英単語:10個
英単語学習アプリmikanを使用

ステッパー 30分間 2021年09月13日スタート:123日間継続中
夕方の散歩 2021年09月21日スタート:113日/115日中

2022年01月14日 5:30起床
13日夜 飲酒:なし 飲酒:10日// 禁酒:270日// 全体280日中
13日喫煙本数:15本

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサー