久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

ごはん、炭水化物を減らすと脂肪も減ってくれる【うつからの回復活動 191日目】

2022年01月20日

炭水化物や糖質を取り過ぎると脂肪に変わるのは有名な話ですね。
ただ、炭水化物も糖質も体を動かすエネルギー源であることも事実です。抜きすぎると、エネルギー不足で、体のだるさにつながる場合もあります。

取り過ぎると脂肪になるし、取らなさ過ぎは体力が落ちる。
では、いつ炭水化物、糖質のある主食抜きをするのがベストなのか、ここを知りたいですよね。

そこで、注目するのが、脂肪の合成を促す BMAL1 というタンパク質です。このタンパク質が多いと脂肪が増えやすい状態です。

参考webページ

◆ BMAL1 - 多い - 太りやすい
◆ BMAL1 - 少ない - 太りにくい
と単純に言えます。

この BMAL1 は、16時までは少なく、16時以降は増えてくるサイクルがあります。つまり、夕食に主食(お米・小麦)を抜くと、太りにくい食事になります。朝食や昼食は、ある程度主食を食べても、そのままエネルギーに変わってくれます。
極端な言い方をすると、14~15時にスイーツを食べて
「あぁ~~、ダイエット中なのに・・・」
となってしまっても、夕食に主食を抜いて軽めにすれば、チャラになる。
そんな可能性があります。

特に夕食後は、活発に動くわけではないし、頭脳活動も多くないので、エネルギーになる炭水化物、糖質を抜いても問題はなさそうです。

お正月太り、リモート太りを実感している方は、試してみてください。

スポンサー

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆
毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:927日継続中)
2022年01月20日(朝)軽いメニュー
股関節のストレッチ:20回 背筋:20回 腹筋:10回 ヒザを立てて腰浮かせ:20回 猫のポーズ:10回 腕立て伏せ:10回 立った状態でヒザとヒジをクロスしてくっつける運動:20回 スクワット:10回
HIITスタイルに挑戦中!!(40秒トレーニング:10秒休憩8メニューで1セット)
HIIT後のクールダウン 正しい姿勢の前屈:40秒
※しばらくの間は、軽いメニューを続けてます。

英語学習 毎日 英単語を10個 確認するチャレンジ中(2020年06月25日スタート:526日継続中)
2022年01月20日(朝)
中学英単語 Z会 速読英単語:10個
英単語学習アプリmikanを使用

ステッパー 30分間 2021年09月13日スタート:129日間継続中
夕方の散歩 2021年09月21日スタート:119日/121日中

2022年01月20日 5:00起床
19日夜 飲酒:なし 飲酒:10日// 禁酒:276日// 全体286日中
19日喫煙本数:15本

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサー