久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

悲しみやイライラとの付き合い方を考える【うつからの回復活動 263日目】

2022年04月02日

リハビリ出社をしている間は、お給料は出ていません。傷病手当で生活しています。
そのため、会社からは仕事は与えられていません。
多くの人は、会社で資格の勉強をしているそうです。その他は、サポート業務なんかをしているそうです。

私の場合は、サポート業務である SNS のチェックと発信、売上の分析資料作成、そして復職してからスムーズに仕事ができるようにちょっとした作業をしています。
ただ、産業医さんに言わせると
「立派な業務に入る内容ですね」
らしいです。

復職して、あの時にやっておけばよかった!! と後悔することは分かっているので、お給料がもらえなくても小さな業務ならやっておこう。というのが、考えです。

そんな中、社内にいると誰ともしゃべらないです。
まるで、自分がいないかのように誰も話しかけないし、自分からも話しかけません。
「自分はこの会社に必要な人間なのか?」
なんて、考えがどうしても生まれてしまいます。←うつ病の症状ですね。
で、悲しい気分になってしまいます。何回かトイレで涙を拭いたこともあったりします。←うつ病の症状です。

こんな時、考えちゃいけない。って感情を抑えると余計に悲しくなるんですよね。
やっちゃダメ!! って言われると余計にやりたくなるヤツです。
なので、
「自分がいないみたいに周囲が動いているのって、悲しいよね」
と感情を受け入れるようにしています。
すると、少しだけ余裕? 余白? みたいなものが生まれて、楽になります。

余裕が生まれると
「自分から話しかけてみたら?」
と考えることもできたりします。

でも、結局、話しかける用事もないし、内容もないし、きっかけもないので、話しかけないまま一日が終わったりします。

誰ともしゃべっていない。という事実は変わらないものの、自分の感情を一旦受け入れると落ち着いて自分の行動を見直すことができます。
そして、他人のせいにしないですみます。
他人に話しかけてもらうのを期待していると、話しかけてこない事実にイライラしてしまいますからね。
イライラし始めたら、他人に期待していないかを自分に確認するようにしています。
他人に期待している自分に気付くと、イライラが静かになってくれます。

リハビリ出社期間中に身につけた、悲しみやイライラとの付き合い方です。

とは言え、悲しみやイライラの余韻はどうしても残ってしまいますけどね。
グルグルと頭の中を悲しみやイライラが巡るときがあります。
そんな時は、未来のこと、やりたいことを考えるようにしています。
ブログのこと、プログラミングのこと、短編小説のこと
なんかを考えています。

そうやって、受け入れたり、そらしたりしながら、悲しみとイライラと付き合っています。

スポンサー

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆
毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:998日継続中)
2022年04月02日(朝)軽いメニュー
バイシクルクランチ:25秒 前屈:25秒 股関節のストレッチ:25秒 腹筋:25秒 ヒザを立てて腰浮かせ:25秒 猫のポーズ:25秒 腕立て伏せ:25秒 スクワット:25秒
※しばらくの間は、軽いメニューを続けてます。

英語学習 毎日 英単語を10個 確認するチャレンジ中(2020年06月25日スタート:589日継続中)
2022年04月02日(朝)
中学英単語 Z会 速読英単語:10個
英単語学習アプリmikanを使用

2022年04月02日 5:30起床
01日夜 飲酒:なし 飲酒:10日// 禁酒:348日// 全体358日中
01日喫煙本数:15本

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサー