久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

自分がいる業界

出版不景気が言われてから10年以上。業界内で働いているとまだまだ続きそうだ。雑誌がダメになり、コミックがダメになった。次は、文庫がダメになりそうだ。営業で本屋さん、書店さんへ行くと文庫本の棚がガラガラ。文庫本までダメになったら、さらに書店の閉店は続くだろう。

とは言え、本はなくならない。繁華街、中心地に数軒とインターネットが中心になって販売されていくのだろう。きっと。残れる書店はジュンク堂紀伊國屋書店という看板力ではなくて、続けられるシステムを作ったところだろう。選書にこだわりたいから、ランニングコストを低く抑えた店舗。本だけでなく、違う事業で利益を上げている店舗。など、これから出版業界の改革がはじまりそうだ。もちろん、小売りが減るのだから、メーカー側の出版社はもっと減るだろう。