久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

目標と目的をきちんと整理してみました

2023年02月04日

目標と目的って似ている言葉ですよね。意識して使わないと、意味を混同してしまいます。
目標を達成できなかったとか、目的を見失ってしまったとか、ネガティブになってしまうきっかけにもなってしまいます。
自己否定が始める前に、きちんと整理したいですね。

「目標」は weblio 国語辞典 によると
1:そこに行きつくように、またそこから外れないように目印とするもの
2:射撃・攻撃などの対象
3:行動を進めるにあたって、実現・達成を目指す水準
とあります。日常的に使うのは、3 の意味が多いです。

「目的」は weblio 国語辞典 によると
1:実現しようと目指す事柄
2:倫理学で、理性ないし意志が行為に先立って行為を規定し、方向づけるもの
とあります。日常的に使うのは、1 の意味が多いです。2 は、自分で引用しててもよくわかりませんでした。。。

余計に難しくなってしまいそうになりましたが、
目標は、達成を意識する
目的は、目指すことを意識する
と整理することができます。

こうみると、目標を達成できなくてネガティブに自己否定が始まってしまうのは、分かりますね。目標は達成することを意識しているからです。

目標と達成を図にするとこんな感じでしょうか?

目指す方向性として「目的」があり、「目標」が道しるべとなって達成していけば、目的に近づける。
目的がしっかりしているから、目標達成をがんばれる。
こんな関係が言えます。

なので、今年の目標は「〇〇」と大きく考えるのではなく、今年の目的は「〇〇」、1~3月の目標は「〇〇」と段階的に考えるのが正しい目標と目的の使い方です。

ここで、気になるのは「目標」です。
なぜなら、達成を意識すること、やりきることが重要になってくるからです。
きちんとした目標を作らないと、挫折してしまい自己否定・ネガティブモードにないってしまうスイッチになってしまうからです。

目標設定のコツは、達成可能なもの・がんばれば達成できるものに設定するのがコツです。
達成が不可能なもの、達成が可能なものの違いってあるのでしょうか? じつはあります!
達成可能なもの:自分一人だけで行動して結果が出せる、自己完結できる範囲のもの
達成不可能なもの:他人の影響を必要とするもの。結果だけを求めるもの。
です。分かりにくいので、例を挙げます

◆悪い目標の例

会社・副業編
目標 売上〇〇万円
これは、よくある正しいようで、正しくない目標です。
売上は、相手から買ってもらえて始めて発生するものです。買ってもらえるように努力することはできるけれど、最終的に買う・買わないを判断するのは相手・他人だからです。努力をしたから必ず達成できるとは限らないのです。こういう目標があるから、押し売りが発生してしまうのです。

ダイエット編
目標 マイナス〇〇kg 目標体重 〇〇kg
これは、正しい目標ですが、かなり難しい目標です。たしかに、体重を減らすことは自己完結の行動でできます。けれども、体重が減りやすい時期もあれば、減りにくい時期もあります。もしかしたら、もともと体重がスタイルの問題ではなくて、姿勢の問題かもしれません。こういう目標を設定してしまうと、無理なダイエットにつながってしまいます。

この 2ツの場合、改善するなら、目標を目的に変えるだけです。

売上〇〇万円 → 目的 売上〇〇万円 → 目指す方向は 売上〇〇万円
マイナス〇〇kg → 目的 マイナス〇〇kg → 目指す方向は マイナス〇〇kg
といった感じに変わります。
目標よりも、目的に変わった方が目指しやすいですよね。

目的は実現しようとして目指す事柄なので、達成の強制力が発生しません。
そして、目指す方向性は途中で変えてもいいのです。

例えば、会社・副業編の話なら、目的の〇〇万円は今の人員じゃどうにも無理だ。と判断したら途中で額を落としても OK です。目的を重視するなら、人員を増やすなり外注できる仕事は外注する、という判断もできます。
ダイエットの話なら、体重が落ちにくい時期になったら、イライラしてしまいます。そこで、スタイルを確認して、気に入ったなら OK 。って、変えてもいいんです。

やってみないと、行動しないと、見えてこないことはあります。ですので、やってみて結果を踏まえて目的を変えるのはアリです。

それでも、目的を途中で変えたくない。一度決めた目的を途中で変えるなんて優柔不断だ、という人は変えにくい目的を作ってください。

会社・副業編の 売上〇〇万円 なら → 前期よりも売り上げを上げる
ダイエット編の マイナス〇〇kg なら → メリハリのあるスタイルをつくる
という具合に、ざっくりとした目的にすれば途中で変更することは少なくなります。

こうやって目的が決まれば、目標は自然に設定できます。
目的 + するには? で、考えます。

会社・副業編ならば
売上〇〇万円 + するには? → 見込み客層の購買率を上げる
見込み客層の購買率を上げる + するには? → 商品の魅力を知ってもらう
商品の魅力を知ってもらう + するには? → 宣伝に力を入れる
宣伝に力を入れる + するには? → SNS をターゲットによって使い分ける
ダイエットならば
〇〇kg 体重を減らす + するには? → 炭水化物の量を減らす
炭水化物の量を減らす + するには? → 野菜の量を増やす
野菜の量を増やす + するには? → 簡単にできる方法で野菜を増やす
簡単にできる方法で野菜を増やす + するには? → キャベツの千切りをスライサーで用意しておく

という具合に、順番に考えていきます。目的 + するには? を続けていけば必ず自己完結できる行動までたどり着きます。たどり着いた自己完結できる行動が「目標」です。それまでに出てきたものは、「小さい目的」として捉えます。

こうやって、目標と目的を整理して考えれば、挫折しにくい目標が作れます。
あなたの作った目標を見直してみてください。目的みたいな目標になっていませんか? 目的になっていたら、ぜひ「するには?」を付けて、新しい目標を作ってください。

スポンサー

今やることが、行動をするコツ

2023年01月29日

「やりたい」と興味があるときがモチベーションのピークです。なので、明日やろうの明日は、モチベーションが下がった状態です。
なので、すぐに行動できる人は、モチベーションがピークの今すぐ実行をします。

先延ばしをしてしまう人は明日も同じモチベーションが続いてくれると考えています。むしろ、モチベーションが成長して、今日よりも大きなモチベーションになると勘違いしている場合もあります。

モチベーションのピークは「やりたい」と興味を持った瞬間です。なので、明日に先延ばしをしてしまうとモチベーションは下がってしまいます。下がったモチベーションを根性や意志力で補う必要があります。
先延ばしをすればするほど、始めにくくなってしまいます。

ズルズルと先延ばしを続けていくと始めていない自分に気づいてしまいます。
始めていない自分 = ダメな自分
というネガティブなイメージを自分につけてしまいます。
動けない自分という失敗を続けている自分になってしまいます。そして、何をやろうとしてもできない自分が完成してしまいます。

すぐやれる人に戻るには「やりたい」と興味を持った瞬間のモチベーションがピークのときに始めるのがコツです。
それが、できないんだよ。という声が聞こえてきました。
そんな方は、小さな行動で始めてください。すぐに行動できるぐらい、行動を小さくしてください。

「やりたい」と興味があるうちに、今やるようにしましょう。

スポンサー

行動できない人は、目標を見直しましょう

2023年01月28日

ダイエットしたいけれど、始められない。
英語の勉強をしたいけれど、始められない。
プログラミングの勉強をしたいけれど、始められない。
とついつい後回しにしてしまいます。

こんな時には、目標を具体的に決めると動きやすくなります。

漠然としたイメージだけでは、私たちはなかなか始められません。具体的な目標がある方が動きやすくなります。

いつやるか?
どこでやるか?
どのくらいやるか?

この 3項目を決めるだけでも、動きやすくなります。

例えば、
ダイエットならば
いつやるか? → 毎日
どこでやるのか? → 家で
どのくらいやるか? → 腕立て伏せを 1回やる

英語の勉強ならば
いつやるか? → 毎朝
どこでやるか? → 家で
どのくらいやるか? → 英単語 1個覚える

プログラミングの勉強ならば
いつやるか? → 毎日
どこでやるか? → 家で
どのくらいやるか? → 本を 1ページ読み込む

といった形で目標を設定します。
これなら、始められそうですよね。

ここで挙げた例は、毎日になっていますが、週末でも OK ですよ。
自分なりに始めやすく、続けやすいスケジュールを組んでください。

一人では続けられそうにない場合は、SNS を利用して、やったことを UP してください。
お金に余裕がある方は、ジムやスクールに通う選択肢もありますね。

行動できない方は、漠然としたイメージ、目標から、具体的な目標に作り直してみましょう。
いつやるか?
どこでやるか?
どのくらいやるか?
この 3項目だけを決めてください。
きっと始められるようになります。

スポンサー

頭の中がパンパンになっていると行動できない。

2023年01月22日

サクッと行動できる人は、頭の中を空っぽにしています。
何も考えていないわけでは、ないですよ。
頭の中に浮かんでくるものを一旦外に出して、空っぽにするということです。

頭の中にいろんなものを残していしまうと、マルチタスク状態になってしまいます。
目の前でやっていることの他に、頭の中で気になることがグルグルと回っている状態です。

パソコンで言うと複数のアプリを起動しながら作業している状態です。

こうやって、パソコンを使っていると動作が鈍くなってしまいますよね。

私たちの頭も同じような構造になっています。

頭の中を空っぽにするには、メモ用紙とペンを使って、気になっていることを一気に書き出します。
・お腹空いた
・焼肉が食べたい
・精算書作らなきゃ
・日報作らなきゃ
・旅行行きたいな
など、仕事に関係していること、関係していないこと、全て外に出します。

外に出したら、頭の中がスッキリします。

そのスッキリした状態で、紙に書き出した項目を俯瞰します。
締め切りのあるもの、緊急性が高いモノ、重要なもの、重要でないものを整理していきます。

この作業は人によってかかる時間は違います。
時間がかかるなら、気になっているものからやり始めたほうが早いんじゃない!?
という考えも分かります。
昔の私も同じでした。

紙に書き出して、優先順位を決めると
まずは、精算書を終わらせる。その後、日報を終わらせよう。日報が終わったら、仕事をがんばったからおやつタイムにしよう。
とひとつずつ終わらせることに考え方が切り替わります。

紙に書き出す前は、
精算書をやりつつ、この後にも日報をやらなきゃいけないんだよな~~。。。面倒くさいな。。。と精算書の作業をやりつつ、頭の中は日報のことが気になっている状態でした。
これでは、集中して作業できないですよね。

そして、頭の中がいっぱいでぐちゃぐちゃになっていると、何から手をつければいいのかわからない。だから、始められない。そんなことありませんか? あとは、やることいっぱいあるから、それだけで面倒になってくる状態もありますよね。

頭の中にあるものを一旦外に出す習慣を始めてみてください。
慣れないうちは、逆に面倒に感じてしまうかもしれません。けれども、目の前にある作業に集中できる質は、確実に変わります。そして、作業をサクッと終わらせることができます。

ちなみに、紙は A4サイズのコピー用紙で十分です。ホームセンターや Amazon で安く買えます。ただ、ペンは好きなものを自分なりに書きやすくてお気に入りのものを使ってください。私は、ぺんてるのサインペンを使っています。
気に入った道具を使うのも、作業が楽しくなるコツです。

ぜひ、頭の中のものを紙に書き出すことをしてください。

 

 

スポンサー

気合いや根性だけでは、すぐには行動できない!? 仕組み作りが必要です

2023年01月21日

準備だけをするつもりで、環境を整えてみましょう。
仕事、レポート、宿題などをやる・やらないは別として、準備だけしっかりやってみましょう。
不思議と気になって、作業を始められるようになります。

仕事、レポート、宿題など、やらなくちゃと考えつつ、ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。
やらなくちゃと思っている裏側には、やりたくないという本音がありますよね。

私たちは、苦しいことをやりたくないって考えています。

その反面、
「かっこよくなりたい。素敵になりたい。おいしいものを食べたい。稼ぎたい。自由になりたい。」
と向上心を持っているのも事実です。

できれば、ラクして自分を成長させたいですよね。

ここで、諦めたら行動を起こすことはできません。
立ち止まって、考えていきましょう。

苦しいことは嫌いだけど、努力は苦しいことでしょうか?

野球好きな少年が、打てるようになるために素振りの練習をする。
他人から見れば、一所懸命に努力しているな。苦しいことをがんばっているな。って見えますよね。
けれども、本人はヒットを打てるようになるためには、素振りは重要って考えてやっているだけですよね。
他人から見たら努力になることを努力だと感じていない部分があります。

そして、野球好きな少年は、素振りをしやすいように目に見える位置にバットを置いています。

仕事、レポート、宿題など、面倒くさいと感じて先延ばししてしまうことって、準備ができていないことってありますよね。
で、ついつい手が伸びてしまうテレビとかゲームとかスマホとかは、手を伸ばせばすぐにスイッチオンできる状態になっていませんか?
準備ができている簡単に行動できる方へ、私たちは動いてしまいます。

仕事、レポート、宿題など、まずは準備だけしっかりやりましょう。机の上に必要なものを並べるだけです。
準備が終わったら、しばらくは他のことをして過ごします。
この時、きっと、仕事、レポート。宿題などが気になっているはずです。

こうやって、自分を動かす方法をうまく見つけてください。
私の場合は、机の上に準備をしておくことです。

自分をラクに動かせる方法を見つけられると、ラクに努力が始められるようになります。

自分なりの方法が分からない方は、まずは、机の上にしっかり準備する。これをマネしてください。

スポンサー