久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

新しい書店

www.cinra.net

 

東京の繁華街、六本木に新しい書店がオープンしました。出版不景気の中、新しいお店ができることはうれしいニュースです。

リブロプラスという会社が運営しています。関東の人なら聞きなれた名前。池袋にあったリブロです。書店は新しい試みをしています。トークショーのイベントをしたり、文具・雑貨を併売したり、カフェを併設しています。来店者としては、いろいろ面白くなったと今の変化を喜んでいます。出版社に勤めるものとしては、本だけで形成が成り立たなくなった証拠なので、危機感を感じます。

 

入店料金、1,500円を払って店内に入り本の閲覧・購入・喫茶・フリーブース・企画展を利用できます。時間制ではなく何時間滞在できます。再入場できるかは不明。コーヒーと煎茶はお代わり自由、電源、Wi-Fi完備です。

 

書店で働いていたころ、100円ぐらいの入店料を取ってもいいんじゃないか!?と考えてました。本を購入するときに100円引いて実質お客様の負担は0円。何も買わなければ、100円で立ち読みができる、という考えです。当時の社長に反対されました。

六本木という場所柄1,500円は仕方ないかなという金額です。文喫は本を購入する際に1,500円は引かれないようです。あくまで、入店料であり場所代です。

入店料を取ることによって入るお客様は減ってしまうけれど、万引き被害は少なくなることが考えられます。これは小売店にとってはいい面です。課題としては、1,500円払っても入りたい空間を作らなければいけないという問題です。事前にどんな本があるのかわからない状態で入り、欲しい本がなかった、でも1,500円は取られた。1,500円払ってフリースペース使おうと思ったら、満席で使えなかった、でも1,500円取られた。こうならないようにツイッターを使って本の在庫・入荷情報・空席状況が分かるようにするなど、これからの工夫が楽しみです。

この先、どうなるか気になるお店です。

bunkitsu.jp