久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

氷河期世代の叫び 優秀な人材ってどんな人材???

「優秀」分かりやすいようで全然意味の分からない言葉です。それなのに、企業は平気で「優秀な人材が欲しい」とか言ったりしています。
仕事がこなせるか?
企業の問題点を発見できるか?
クレーム処理がうまいか?
人と話すのがうまいのか?
パソコンスキルが高いのか?
イデア出しが多いのか?
働く業界によって変わるし、働く職種によっても変わる。企業風土によっても変わる。優秀って一言で片づけられて、勝手に判断されるのは困る。

最初から、
エクセルで経理の効率を上げてほしい
営業先で顧客と信頼関係を作ってほしい
来店されるお客様から店舗に足りないサービスを聞き出してほしい
会社、上司の言うことだけ聞いてくれればいい
黙って社内のやり方で業務をこなしてくれればいい
とはっきりと言ってほしい。

特に優秀という言葉に違和感を感じるのは、面接のとき。自己紹介してください。って平気で言うけれど、企業のホームページだけでわかることなんて、どんな業態で売り上げを稼いでいるかがわかるだけです。そんなホームページを見て、企業側が今回どんな人材が必要かなんて、わかるわけがない。なら、面接のときに
今回はこういうことができる人が欲しいから募集を出した。と最初に言ってくれれば、そういうことができる、できない。過去にこんなことをやった経験があるから、応用できる。など話ができる。

優秀な人が欲しい。と考えている企業、人事の方。まずは、現場の声を聞いてどんな能力を必要としているのか考えてから募集をだしてください。
一人辞めたから、今回は優秀な人が欲しいね。
ってノリだけは、ヤメテ!!

毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート)
2019年09月20日(夜)
腕立て伏せ 14回 足上げ腹筋 10回 頭上げ腹筋 10回

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
久山 薫でした