久山 薫/氷河期世代の生き残り日記

~体・お金・ココロを整えて自分アップデート~

言葉の力。言霊は実在する!自分の言葉は、自分が一番聞いている【うつからの回復活動 126日目】

2021年11月16日

忙しいとき、大変な時には、ついつい「忙しい」「大変だ」「疲れた」「困った」などの言葉を発してしまいます。独り言でも、自分の耳には言葉って届いているんですよね。

すると、自分は「忙しいんだ」「大変なんだ」「疲れているんだ」と自分自身に言い聞かせているのと同じらしいです。そうすると、忙しい人を演じたり、大変なそぶりを見せたり、疲れて顔色が悪くなったりするそうです。

この状態、「忙しい」「大変」「疲れた」ならまだいいですが
「自分はなんてダメなやつなんだろう」とか 
「やる気がしないな~」とか
「できる自信がしない」とか
「やり切れる気がわいてこない」とか
自己否定な言葉を言ってしまうと、自分に呪いをかけている状態になると思いませんか?

私は、うつ病になってから上にある言葉が頭の中でぐるぐるしていました。もちろん、今も油断していると聞こえてきます。社長の声で。。。(幻聴ですね >_<)

けれども、ネガティブな言葉でネガティブな方向へ傾いてしまうなら、ポジティブな言葉ならポジティブな方向へ傾くはずですよね。
イメージを真逆にして「そうなったらいいな~」という希望を込めて言葉を変換するといいらしいです。
「自分はなんてダメなやつなんだろう」→「自分にならできるかもしれない」
「やる気がしないな~」→「やる気がなくても、行動ならできる」
「できる自信がしない」→「できるところから、やってみよう」
「やり切れる気がわいてこない」→「目の前の一つを終わらせよう」
と変換することができます。
ちなみに、
「自分はなんてダメなやつなんだろう」→「自分はなんてダメなやつじゃない」
という、〇〇ない。という単純な変換は効き目がないらしいです。
きちんとポジティブな言葉、単語に変換しないと効果がないらしいです。

そういえば、「言霊」って言葉というか考え方がありましたよね。

言霊とは - コトバンク

昔の人も感覚的に「言ったことが現実になる」「言った言葉が自分に返ってくる」って実感していたんですね。
すごいですね、昔の人って。

みなさん、ついつい言ってしまうネガティブな言葉。自分が発していることに気づいたら、ぜひともポジティブな言葉に変換してください。
私も、気づいたら変換するようにいたします。

スポンサー

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆
毎日腕立て伏せ1回チャレンジ中(2019年07月08日スタート:862日継続中)
2021年11月16日(朝)軽いメニュー
股関節のストレッチ:20回 背筋:20回 腹筋:10回 ヒザを立てて腰浮かせ:20回 猫のポーズ:10回 腕立て伏せ:10回 立った状態でヒザとヒジをクロスしてくっつける運動:20回 スクワット:10回
HIITスタイルに挑戦中!!(40秒トレーニング:10秒休憩8メニューで1セット)
HIIT後のクールダウン 正しい姿勢の前屈:40秒
※しばらくの間は、軽いメニューを続けてます。

英語学習 毎日 英単語を10個 確認するチャレンジ中(2020年06月25日スタート:462日継続中)
2021年11月16日(朝)
中学英単語 Z会 速読英単語:10個
英単語学習アプリmikanを使用

ステッパー 30分間 2021年09月13日スタート:64日間継続中
夕方の散歩 2021年09月21日スタート:53日/56日中

2021年11月16日 5:00起床
15日夜 飲酒:なし 飲酒:8日// 禁酒:213日// 全体221日中
15日喫煙本数:15本 最近、増え始めているので注意が必要!!

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。